妊娠力UP基礎講座コラム

ザクロ屋 > 妊娠ナビ > 妊娠力UP@基礎知識講座 > 14、妊娠力を上げるための生活習慣術(男性編)
妊活コラム

■知れば知るほど引き寄せる!妊娠力UP@基礎知識講座

 

第14回: 妊娠力を上げるための生活習慣術(男性編)

妊娠のために一生懸命努力する女性に対し、どうしても消極的になりがちな男性というのが今の状況です。私も男性なので良く分かりますが、産婦人科の事や妊娠・出産は男性にとって縁遠い事柄なので、
ついつい遠ざけてしまう人が多いこと、そして仕事が忙しい人が多いので後回しにしてしまう事も多いのが特徴的です。

しかしながら妊娠は男性の協力がないとうまくいかないのも事実です。特に最近は精子の質の低下とセックスレスの問題がクローズアップされており、ますます妊娠しづらい状況になっています。

そこで今回は男性のカラダを健康にして、妊娠力を上げるための提案をしたいと思います。

 

原因

50代の方々と不妊治療の話をすると、みんな一様に「信じられない」と言います。
若くしてセックスレスなんてありえないというのです。しかし、事実、排卵日しかSEXをしないカップルの多いこと。それもその日にEDになったりするから事態は深刻です。
なぜこのようになったのかは理由があります。

●仕事上のストレス・抑圧的な環境

●食生活の乱れ(ファーストフード・コンビニ弁当・安い居酒屋の多用)

●睡眠時間の乱れ

●運動不足による血行不良

●カラダに悪いものの多量摂取(タバコ・酒など)

●AVや風俗の氾濫による女性への憧れの低下

すべてが男性側における性衝動の低下に結びついています。
逆に上記の事に影響されていない地域は昔のまま、男性妊娠力を高く保っていることが分かっています。

その代表的な地域が、沖縄地方の離島です。

以前も書きましたが、多良間島の男性を調査しに行った時は驚きました。
50代の男性が女性に対して、どんどんアプローチするし、子供もどんどん作っています。

毎日、浴びるように"泡盛(沖縄県の特産品:焼酎)"を飲んでいますが、
それでもそんな状況です。 それは、自然に生きて、自然の恵みを食べて、
カラダを動かして仕事をしているからだと分かりました。

逆にサラリーマンは寝不足、満員電車、ストレスフルな仕事、 デスクワーク、
ファーストフード、 コンビニフード、安い居酒屋などなど妊娠力を下げるものが、朝から晩まで攻撃してきます。
明らかにカラダを弱らせているために、セックスレスや精子の質が落ちている事に気づくはずです。

ではそういう生活をどうすればいいのでしょうか?

ではどうするの?

今までの生活をいきなり変えろと言ってしまうのはあまりにも酷です。
なぜならそういう生活習慣になっているために変えるのが難しいからです。

そこで提案があります。

まずは上記の項目の1つでいいのでトライする事から始めて欲しいのです。
例えば、寝る時間は規則正しくすると決めるとか、運動不足の解消のために週に1〜2回は好きな運動をするとか。。

そうするとカラダが元気になることを気付くはずです。
そうやって一つずつ改善すればいいのです。

性欲というのは基本的に余剰のエネルギーから生まれてくるものです。カラダが生命の危機を訴える時には無くなってしまいます。これは女性も男性も同じです。極端なダイエットをすると生理が止まるのと同じです。

不規則な生活により、徐々に自分のカラダが弱っている事(疲労していること)に
気づくこと、これが大事です。

具体的な対策は?

最近、様々な研究がなされてきて、疲労は脳の神経伝達物質の影響を受けていること、
また活性酸素もその原因であることが分かっています。

よって、脳を癒し、活性酸素を防御することが疲れの回復に役立つ事が分かっております。
また、ミトコンドリア活性を上げて、エネルギーを生み出すことも元気を取り戻す事につながることが分かっています。

よって、下記の対策は皆さん本来の健康を取り戻すきっかけになるかもしれません。

1)抗酸化物質の摂取
(ザクロ・アサイー・トマト・ブルーベリー・カカオ)

2)ビタミンミネラルの摂取
(サプリメント・野菜)

3)セロトニンの原材料であるトリプトファン+ビタミンB6の摂取
(青魚・肉類・ナッツ類)

4)アロマの活用
(香りは直接脳を癒します)

5)特定のアミノ酸の摂取
(疲労しにくいカラダ作り)

6)適度な運動
(過度な運動は逆効果)

7)入浴・温浴
(血行促進・癒し効果)

<最後に>

私は、30〜40代の男性の"仕事の忙しさ"や
"仕事上の付き合いによる不摂生"はよく理解していますし、それが妊娠に対してマイナスに働いているのを、なんとか改善できないものかと考えて
おります。

生活習慣の積み重ねが自分のカラダを弱らせている、妊娠力を低下させている事の認識から
スタートして頂きたいと思います。

それをこつこつと改善するのには、奥さんの協力も必要になるかと思います。
例えば、昼食を手作り弁当+サプリメントにするだけでもカラダの状況は随分と良くなるはずです。

また、ぜひ旅行やドライブ、ロマンチックになるようなシーンはどんどん作り出して頂ければと思います。せっかく好きで結婚したのですから、それを思い出して、懐かしいところに行くのも一つの手です。

また、畑で土を耕したり、釣りで海に行くなどの自然に触れる事もカラダを癒し、妊娠力を上げる大きな原動力になります。 自然は私達のカラダを正常化する働きがあるようです。

次回は、女性のセックスレスについてのお話をご紹介出来ればと思います。

 

■コラム執筆  池上文尋  氏

〜「All About」の不妊症ガイド〜
85000人のファンを抱える人気メルマガを執筆中。

池上文尋

 

妊娠しやすいからだ診断
本気で妊娠をしたい方に選ばれています。
しっかり取り組みたい方に
34才以上の方はこちらを強くおすすめします。
はじめての方に
20代の方や、まずは周期をキレイに整えたい方に