妊娠しやすいからだづくり 9の法則

妊活コラム
不妊と冷え

生活環境の変化で、現代女性の多くが感じている「冷え」のお悩み。
赤ちゃん待ちのみなさまにとって、子宮や卵巣の冷えは、多くの女性病を引き起こす
こわ〜い問題なのです!

【法則その8】不妊と冷え |1| 234
■不妊と冷え

冷え性改善で、妊娠しやすい体質になる!

カイロ・ババシャツ・腹巻に毛糸のパンツ。
更には5本指ソックスまで、最近はと〜ってもかわいい「冷え対策グッズ」を
見かけるようになりました。

とはいえ、いくら可愛くても
あまり旦那様には、見せたくない姿かも・・・^^;

出来ることなら、根本からの体質改善で
妊娠しやすい、冷え知らずのカラダを手に入れたいものです。

冷え性が要因となる不妊原因

冷え性日本人女性に冷え性が多いというのは、有名なお話。
個人差はあれ、女性の半数以上の方が"冷えをつらいと感じている"というデータもある程です。

ザクロ屋にも、冷えを気にする方からのお問合せは、とても多く寄せられるお悩みの1つです。

不規則な生活や食習慣、ストレスなどで、冷え性を起こしやすい現代社会。
実は、本人は冷え性だと自覚していなくても、低体温症になっている方も多いようです。

ひどい冷え性は、ただそれだけでも辛いもの。
血流(血液循環)が悪くなると、カラダの機能自体を低下させてしまい、代謝の低下や自律神経の乱れから来る、女性ホルモンのバランスを崩す原因ともなりえます。

更には、赤ちゃん待ちの方にとって特に深刻なのは、下半身にある子宮や卵巣は、冷えの影響を受けやすい臓器ですので、たくさんの不妊要因を引き寄せてしまうという事なのです。

とはいえ、逆に言えば冷え性を克服すれば
妊娠力UP↑に繋がる可能性が高くなるチャンス!でもありますから、
是非、冷え性の改善を目指したいものです(^^)

★子宮や卵巣の冷えが引き起こす要因の1つといわれているお悩みは
主に、下記のような種類があります。

●生理痛・生理不順
●排卵障害
●子宮筋腫
●子宮内膜症
●卵巣嚢腫
●子宮内膜症

 

次は、冷えの原因についてお話します >>

妊娠しやすいからだ診断
本気で妊娠をしたい方に選ばれています。
しっかり取り組みたい方に
34才以上の方はこちらを強くおすすめします。
はじめての方に
20代の方や、まずは周期をキレイに整えたい方に
<< 目次へ戻る 【法則その8】不妊と冷え |1| 234