妊娠しやすいからだづくり 9の法則

妊活コラム
妊娠しやすい服装とカラー

不妊にやさしい服装、していますか?
不妊にやさしいカラーって、何色?
大事なことはいつも同じ。心と体にやさしいってことなのです♪

【法則その5】妊娠しやすい服装とカラー |1| 2
■妊娠しやすい服装とカラー

男性も必見!妊娠力をUPする服装とは!?

「妊娠したい」あなたにとって
子宮や卵巣が正常に機能していること。
機能しやすい状態にあることは、とても大切。

スリムな体系が人気のいま、『妊娠機能に優しい服装とは何か』をお伝えします。

子宮や卵巣に正常に働いてもらうためには、骨盤内の血行、つまり血の流れをよくすることも大切です。

同様に、からだが冷えると血行は悪くなります。血液の循環が悪くなると、ホルモンのバランスをくずしてしまい、不妊の要因となってしまいます。

冬場や冷房のきいたオフィスでは、洋服で防寒し、しっかり保温しましょう。

男性の場合も精子のためには、精子の製造工場である、睾丸の働きを妨げないような服装を意識しましょう。

夫婦

 

妊娠したいあなた向きの服装は?

女性の場合・・・

女性<下着>

下半身を締めつける下着は血行不良をまねき、冷え性を悪化させたり、卵巣や子宮の健康をそこねてしまうこともあります。

妊娠を望むなら、ある程度ゆったりとした下着を着用しましょう。素材は綿の他、吸湿性や保温性にすぐれた化学繊維を使ったものがおすすめです。



<服装>

冷えは元気な赤ちゃんを産む上でも大敵!
冬だけでなく、夏でも冷房が効きすぎているなど、1年をとおして冷えやすくなっています。

夏は、からだを冷やすような格好(ノースリーブや素足にサンダル)は避け、カーディガンのような上にはおるものを常備しましょう。

冬はからだの末端を守るようにします。(くつ下、手袋、長袖の下着、マフラーなど)

妊娠力UP↑ の服装 妊娠力ダウン↓ の服装
ゆったりとした下着
大きめでお腹を冷やさないパンツ
冷えを防止するソックス
チノパンなどゆとりのあるパンツ
足を覆うスニーカーなど
わき・肩を覆う服
きついガードル(下半身の締め付け)
ビキニタイプのお腹が出るパンツ
強力サポートのストッキング
スリムジーンズなどタイトなパンツ
素足にミュール、サイズの合わないヒール
ノースリーブの服(タンクトップなど)

 

男性の場合・・・

男性<下着>

下半身を締めつけると血液の循環が悪くなってしまいます。下着はブリーフやビキニタイプよりも、風通しのよいトランクスを選びましょう。

<服装>

きつめのジーンズなど、下半身を締めつけるファッションは要注意。下着と同様、きつすぎるボトムは精子の発育を邪魔する可能性があるので、できれば避けたほうがよいでしょう

妊娠力UP↑ の服装 妊娠力ダウン↓ の服装
ゆったりして風通しのよいトランクス
チノパンなどゆとりのあるパンツ
ピッタリとしたブリーフ
きつめのジーンズ

 

次は、「おすすめの色」についてお話します >>

妊娠しやすいからだ診断
本気で妊娠をしたい方に選ばれています。
しっかり取り組みたい方に
34才以上の方はこちらを強くおすすめします。
はじめての方に
20代の方や、まずは周期をキレイに整えたい方に
<< 目次へ戻る 【法則その5】妊娠しやすい服装とカラー |1| 2