不妊治療ビギナー編|人工授精と体外受精の違いは?|ザクロ屋

ザクロ屋 > 妊娠ナビ > 不妊治療ビギナー編 > 人工授精と体外受精の違いは?

不妊治療ビギナー編「知ってて良かった」

人工授精と体外受精の違いは?

不妊治療の人工授精や体外受精という名称を聞いたことはあっても、詳しくは知らないという方は多いのではないのでしょうか。そこで、今回は人工授精と体外受精について、どんな場合に行われる治療法なのか、費用に違いはあるのかなどをご紹介します。

 

人工授精と体外受精の違いは?

妊娠を目的とすることは同じであっても、全く違う治療法の「人工授精」と「体外受精」。
この二つは、「どこで受精を行うのか」ということが大きく違います。

 

人工授精の場合は、子宮へ精子を注入する治療法です。精子は洗浄して雑菌を取り除き、濃縮してから子宮に戻します。子宮へ注入後の過程は、自然妊娠と同じプロセスで進んでいきます。

一方の体外受精は、一度卵子を体外で受精させ、受精卵をある程度培養します。その後、その受精し培養した卵子を子宮に戻す治療法です。

人工授精と体外受精のイメージ画像

人工授精が向いているケース

人工授精が向いているケースは、性交障害があったり、精子が子宮の中に入っていけない精子の侵入障害がある場合に有効な治療法になります。また、精子を濃縮して子宮に戻すので、精子の数が少ない、精子の運動能力に問題がある場合にも有効です。
人工授精を行うと、4〜6回目までに約90%が妊娠し、それ以降は妊娠できる確率が頭打ちになってしまいます。そのため、人工授精を6回程度行っても妊娠できなかった場合は、次のステップに進むことを念頭に置きましょう。

精子が卵子にたどり着かないときには人工授精を。

 

体外受精が向いているケース

体外受精は体内での受精が難しい場合に適用されます。
卵管を卵子が通れなかったりピックアップ障害などの卵管に原因がある場合や、精子の動きが極端に悪く卵子に入り込めないなどの場合に体外受精が行われます。
ほかにも、人工授精で妊娠できなかった場合をはじめ、不妊の原因が分からない場合など体外受精は様々なケースで行われます。年齢的にだんだん妊娠する力が弱くなってきますので、タイミング法や人工授精にこだわらずに早めに体外受精を考えたほうが妊娠するチャンスに恵まれると、体外受精を早めに勧められることも多いようです。

精子の元気がいまいちだったり、卵子が進めないときは体外受精を。

 

人工授精と体外受精の料金の違い

不妊治療では、保険適用外になる治療が多いため、金銭的な負担が大きくなります。人工授精や体外受精も保険適用外の治療になってしまいます。
人工授精の場合の費用は1回2〜3万円程度です。

一方の体外受精の場合は1回約10万〜65万と、体外受精をする病院や採卵方法、受精させる卵子の個数などで大きく料金が変わります。中には成功報酬制度を取り入れているクリニックもあるようでが、人工授精と比べると負担が大きくなります。

人工授精で2?3万円、体外受精で10万?100万費用がかかります

金銭的な負担は大きくなりますが体外受精の場合は、精子と卵子を確実に受精させることが出来るため、精子と卵子に妊娠する力が残っていれば、ほとんどの受精卵が正常に育ち、妊娠することができます。

 

今回ご紹介した料金はあくまでも目安で、治療を受ける施設や、治療の内容で大きく変わってきます。これらの不妊治療を受ける場合は、途中で金銭的にあきらめなければいけなくなったということのないように、実際に治療を受ける病院の料金などを早い段階で確認しておくのがおすすめです。

 

人工授精や体外受精の時に必要な飲み薬や注射、検査などは、保険が適用できるものもありますので、受診する場合には保険証を必ず持参するようにしましょう。

さらに、住んでいる自治体などで不妊治療の助成制度を整備している場合があります。不妊治療を考えている場合、条件や内容などをお住いの市町村を管轄している保健所や市区町村に問い合わせてみてください。

 

 関連ページ
特定不妊治療費助成とは?助成金制度と支援
https://www.zakuroya.com/funin/2_20170417150847329zakuroya2016.html

お住まいの自治体の助成金制度もご確認ください