“赤ちゃん待ちのすべてのカップルに贈る”Fine祭り2011ひとりじゃないよ!不妊 〜知っておきたい、男女のカラダ&こころの話〜に出展しました

ザクロ屋 > ザクロ屋について > イベントレポート > 2011年11月3日 Fine祭り2011
イベントレポート

2011年11月3日/ Fine祭り2011 ザクロ屋ブース初出展

 

イベントの概要

“赤ちゃん待ちのすべてのカップルに贈る”Fine祭り2011
ひとりじゃないよ!不妊 
〜知っておきたい、男女のカラダ&こころの話〜

主催:NPO法人Fine(ファイン)

日時:2011年11月3日(木・祝)
会場:日経ホール(東京・大手町)
ご来場者:約600名
出展企業:13社

 

広告PDFより

 

当日は講演やパネルディスカッション

メインプログラムは、医師や心理士による「講演」と「トークタイム」。

前半は、不妊専門医である、はらメディカルクリニック院長の原 利夫氏と、ミオ・ファティリティ・クリニック院長の見尾 保幸氏による講演から始まり、『生命誕生のメカニズム』と、不妊原因の約50%を占めるとされる『男性不妊』がテーマにとりあげられました。

また、東京HARTクリニックの臨床心理士・生殖心理カウンセラーである平山史郎氏は、『不妊特有の男女の心理』がテーマでした。

後半は、Fine名誉会員第3号である太田光代氏をメインゲストに迎え、不妊治療ジャーナリストの池上文尋氏、志岐麻子氏、Fine代表である松本亜樹子氏を交えて、トークタイムが繰り広げられました。
太田さん自身の体験談や、治療に対する思いなども語られ、ご来場の皆様も大変興味深く聞かれていました。

 


ザクロ屋ブース初出展

ブースでお配りした、ザクロのしずく・スペシャルバージョン(5倍に希釈した濃いめのジュース)を、多くのご来場者様にご賞味いただきました。

ザクロ屋は、この10年の間、インターネット販売のみでしたが、実際にお客様と対面し、質問にお答えしたり、飲み方のお話やアドバイスをさせていただき、とても楽しく有意義な時間を過ごすことが出来ました。

ご来場いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

フレッシュなザクロの実を持ってきてくれた貿易会社のソハニさん&ザクロ屋カオリン、ナガノッチ。 ザクロ屋ブースでは多くの方にザクロのしずくをご賞味いただきました。 カップルでのご来場もたくさん見られました。

 

 

イベントを終えて

この、年に一度のビッグ・イベントに、ザクロ屋は初めてブースを出展させていただきました。
当日は、本当に多くのご来場者様にお立ち寄りいただき、ネット通販のザクロ屋としては、とても有意義で楽しい出展となりました。

回を重ねるごとにカップルでの来場者が増えている、このFine祭り。
“不妊治療は二人で向き合うもの”という意識が、前向きに広まっているように実感しました。

『少子化対策応援企業』を掲げるザクロ屋では、これを機に、NPO法人Fine(ファイン)様の賛助会員から、PAS契約を改めて結ばせていただきました。

不妊で悩むひとりでも多くの方に、笑顔になっていただくことを目指して、
微力ではありますが、ご支援させていただきます。

 

 

2011年12月16日(金) レポート/ナガノッチ